So-net無料ブログ作成
検索選択

Sauber-Mercedes C9 (1988) [プラモデル]

RIMG0080.JPG

久々のプラモネタです。

このプラモは、昨年の10月に完成していたのですが、海外出張やらなんやかんやでアップするのが遅くなってしまいました。

このマシンは、1955年のル・マン24時間レースでの大事故をきっかけにモータースポーツ界から遠ざかっていたメルセデス・ベンツが約30年ぶりに復活をはたしたマシンです。

このマシンでは、残念ながら1988年のル・マンに勝つことはできませんでしたが(予選で撤退)、翌年1989年には、あの”シルバーアロー”でみごと復活優勝を果たしました。

続きを読む


今日の1曲:Shake It by Ian Matthews [音楽]

48266.jpg

1978年全米Top40最高位13位の曲
 
 
いや〜〜〜、良い曲ですね〜〜〜!

この曲は、Fairport Conventionのオリジナルメンバーで英国出身のIan Matthewsさんが、1978年の暮れから1979年の初頭にかけて全米でヒットさせた曲です。

AORの部類に属すると思いますが、なかなか軽快なポップロックですよね。
小生、この曲がヒットしていた当時から大好きな曲です。

名曲だと思います!




続きを読む


今日の1曲:Two Occasions by The Deele [音楽]

231898.jpg

1988年全米Top40最高位10位の曲

いや〜〜〜、良い曲ですね〜〜〜!

この胸がキュンとなっちゃうくらい、切なくもしっとりとしたボーカル&コーラスワークがたまりませんね!

小生、この曲がヒットした当時から、大好きな曲です。
名曲だと思います!

尚、この曲を歌っているグループ The Deeleの全米Top40ヒットは、この1曲だけなので、彼らはOne Hit Wonderと言うことになります。

ですが、このグループには、後のR&Bシーンに多大な影響を与えた、Babyfaceさんと、L.A. Reidさんのお二方が在籍されていたんですね。
ジャケット写真の一番左がBabyfaceさんで、その右となりがL.A. Reidさん)

なにげに凄いグループだったんですね!





皆さん、いかがでしたでしょうか?
きっと胸がキュンキュンされたことでしょう(笑)。

尚、Babyfaceさんの曲、L.A. Reidさんがプロデュースされた曲は、他にも大好きな曲が沢山あります。
機会があれば、また取り上げてみたいと思いますので、今回はこの1曲だけのご紹介とさせて下さい。
(出し惜しみ?)

昨日は小雪も舞い散り、寒い毎日が続いております。
皆様もお風邪など召さぬよう、お気をつけ下さい。
では、またお会いしましょう!



今日の1曲:O-o-h Child by The Five Stairsteps [音楽]

1958405.jpg

1970年全米Top40最高位8位の曲

いや〜〜〜、良い曲ですね〜〜〜!

この曲は1970年にアメリカのイリノイ州はシカゴ出身の兄弟R&Bグループ The Five Stairstepsがかっ飛ばした大ヒット曲です。

曲の出だしが地味なのですが、じわじわと盛り上がって行く展開にぐっときますね。

聴けば聴くほど良さを感じる名曲だと思います!





この曲はアメリカ人には受けが良い(歌詞が良い?)ようで、数多くのカバーバージョンを生んでいます。

例えば、こんな方々がカバーしているようです。

Dusty Springfield
Hall & Oates
Cyndi Lauper & Destiny's Child
Nina Simone
Marvin Gaye
Milton Nascimento
Dee Dee Sharp
The Spinners
2Pac(”Keep Ya Head Up”の中でサンプリング
Valerie Carter

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。