So-net無料ブログ作成
検索選択

訃報:Teena Marieさん逝去 [音楽]

今日、携帯ニュースで見てびっくりしました。
小生の大好きなソウルレディ、Teena Marieさんが12/26に亡くなられました。
享年54歳とのこと。

小生よりも1歳年上だったんですね。。。

ご冥福をお祈りして、小生のブログでも以前に一度取り上げた曲ですが、
小生が大好きな曲 ”I Need Your Lovin'”と、彼女の最大のヒット曲 ”Lover Girl"の2曲をお送り致します。

合掌。。。。


”I Need Your Lovin'” by Teena Marie

24532.jpg

1981年全米Top40最高位37位の曲





”Lover Girl” by Teena Marie

29944.jpg

1985年全米Top40最高位4位の曲






どちらの曲もボリュームを目一杯に上げて聴いてみて下さい。
自然と腰が動いてきますよね。

ブルーアイドソウル系のしかも女性で、こんなにグルーブ感を出せるアーチストは彼女の他には居ないのではないでしょうか?

本当に惜しい方を亡くしました。



nice!(14)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の1曲:Poor Side Of Town by Johnny Rivers [音楽]

56036.jpg

1966年11月12日付け全米#1獲得!

いや〜〜〜、良い曲ですね〜〜〜!

聴いていると「ほわ〜〜〜ん」と暖かな気持ちになれます。

ひさびさの60'sソングですが、小生、60年代の曲も結構好きなんです。
イントロの ”デュデュデュワァ〜〜〜、シュビデュビデュ〜〜〜 ♪ ”のところなど、思わず一緒に口ずさんでしまいます。
いかにも60年代っぽいフレーズですよね。

文句なく、名曲だと思います!

尚、Johnny Riversさんは、米国はニューヨークの生まれなのですが、育ったのはルイジアナ州のバトンルージュとのこと。偶然にも前回のLe Rouxさんと同じ出身地でした。
ちなみに、名前の"Rivers"は芸名なのですが、ミシシッピ河にちなんでRivers(河)と付けたようですよ。





この曲がヒットした1966年は、他にも大好きな曲が沢山あります。
例えば、

"Cherish" by Association
"96 Tears" by ? & The Mysterians
"You Can't Hurry Love" by Supremes
"California Dreamin'" by Mamas & The Papas
"Stranger In The Night" by Frank Sinatra
"My Love" by Petula Clark
"See You In september" by Happenings
"A Groovy Kind Of Love" by Mindbenders
"You Don't Have To Say You Love Me" by Dusty Springfield
"Walk Away Renee" by Left Banke
"Elusive Butterfly" by Bob Lind

And more and more,,,,

いずれもリアルタイムで聴いていた記憶があるものは無く、ほとんどが後追いで知った曲なのですが、どれも大好きな曲です。
ブログのネタには、当分困ることはなさそうです!



今年も残すところあとわずかになってまいりました。
一年が経つのは、本当に早いものです。

年末は、大掃除やらなんやかやで、慌ただしくなりそうなので、今回が今年最後の更新となると思います。

今年一年、当ブログにご訪問頂き、本当にありがとう御座いました。
来年も、マイペースで更新していくと思いますが、気長にお付き合い頂ければ幸いです。

皆さん、良いお年をお迎え下さいませ!


nice!(8)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の1曲:Nobody Said It Was Easy by Le Roux [音楽]

98163.jpg

1982年全米Top40最高位18位

いや〜〜〜、良い曲ですね〜〜〜!

この曲は、アメリカはルイジアナ州バトンルージュ出身の6人組バンド Le Rouxが1982年にヒットさせた曲です。

チャート的には18位止まりなので、大ヒットではありませんが、小生、当時から大好きな曲です。

彼らのTop40ヒットは、この1曲だけなので、One Hit Wonderなのですが、洋楽ポップ史に残る名曲だと思ってます。






ちなみに、この曲がヒットしていた1982年の3月から4月にかけて大ヒットしていた曲には、下記のようなものがありました。

いずれも名曲ですよね。
懐かしいですね〜〜〜!

"Centerfold" by The J. Geils Band(2/6〜3/13まで6週連続#1)
"I Love Rock 'N Roll" by Joan Jett & The Blackhearts(3/20〜5/1まで7週連続#1)
"Chariots Of Fire" by Vangelis(5/8 1週#1)
"Ebony And Ivory" by Paul McCartney with Stevie Wonder(5/15〜6/26まで7週連続#1)
"Open Arms" by Journey
"We Got The Beat" by Go-Go's
"That Girl" by Stevie Wonder
"Key Largo" by Bertie Higgins
"867-5309/Jenny" by Tommy Tutone
"I've Never Been To Me" by Charlene

などなど、、、、


近頃はめっきり寒くなってきましたよね。
これからは、忘年会やら、クリスマスやらで、夜更かしするケースが増えて来る季節かと思います。

皆様もお風邪など召さぬよう、ご自愛下さいませ。
では、またお会いしましょう!


タグ:洋楽 Le Roux
nice!(11)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

同名異曲の全米#1ヒット ”Best Of My Love” [音楽]

今回は同名異曲の全米#1ヒットの第3弾を取り上げたいと思います。

曲のタイトルは”Best Of My Love”です。
先ず、1曲目はこちらから。

”Best Of My Love” By Emotions

206585.jpg

1977年8月20日付け全米#1獲得!

いや〜〜〜、良い曲ですね〜〜〜!

イントロからEarth Wind and Fireのリズム隊が実に心地よいリズムを刻んでますよね。
また、要所要所でホーンセクションが小気味良い音を入れてくれます。

それにEmotionsのお姉様方のハーモニーがからんでくる展開、これが実に心地良いです!
特に、2分30秒を過ぎたあたりからエンディングまでのハーモニーとホーンのからみなどは、いつ聴いても鳥肌ものです。

全米#1にふさわしい名曲だと思います!





尚、この曲は4週連続で#1となった後、一旦2位に落ちています。
Andy Gibbさんの”I Just Want To Be Your Everything”に1位返り咲きを許したのですが、翌週に直ぐEmotionsさんが巻き返して#1を奪還しています。

都合5週間も全米#1を取ったことになります。
今にして思うと、この時の両者の1位争いのバトルは、激しかったのですね。




次の”Best Of My Love”は、皆さんご存知のこの名曲です。

”Best Of My Love” by Eagles

614.jpg

1975年3月1日付け全米#1獲得!

いや〜〜〜、これまた良い曲ですな〜〜〜!

イントロが流れた瞬間、空気が一気にカリフォルニアに変わりますよね。
アコースティクギターの後、ほわーんとスティールギターの音が入ってきますが、この瞬間が最高にしびれます!

もはや何も言う必要ないでしょう。
名曲中の名曲です!







実は、小生、先週も中国出張していました。
さすがに2週続けての海外出張、それも中国なので疲れました。。。

最後におまけで出張時に宿泊していたホテル写真を載せちゃいましょう。
しばらくは海外出張は無いと思いますが、まだ仕事が多忙中なので、更新は合間を見て行いたいと思います。

ではまたお会いしましょう!


おまけ:
中国に出張していた時に宿泊していたホテルの写真。
Swissotel Kunshan
場所:中国昆山市(上海から車で30分くらいのところ)

RIMG0024.JPG


nice!(13)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。