So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の1曲:Stranded by Heart [音楽]

heart.jpg

1990年全米Top40最高位13位

いやーーー、良い曲ですねーーー!

この曲は、しっとりとした雰囲気の中にも、静かな炎が燃えているような印象があります。
Heartと言えば、なんと言っても、姉のAnnさんのド迫力ボーカルの印象が強いですが、この曲では、いつもはギターを弾いている、妹のNancyさんがリードボーカルを取っています(These Dreams以来かな?)。これが実にしっとりとして良いんですよねーーー。ギターもめっちゃ格好良いし!

また、Heartと言えば、1980年代を代表するバンドの一つと言って良いと思いますが、1990年にこの曲をヒットさせた後、1994年の”Will You Be There (In The Morning)”(39位)を最後にチャートから退いてしまいました。

なので、”Stranded”は彼女らの最後のメジャーヒット曲と言って良いと思います。
地味な曲かも知れませんが、小生は今でも大好きな曲です。
名曲だと思います!



nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の1曲:If Ever You're In My Arms Again by Peabo Bryson [音楽]

200px-If_Ever_You're_in_My_Arms_Again-1.png

1984年全米Top40最高位10位

いやーーー、良い曲ですねーーー!

この曲は、ミスターデュエットことPeabo Brysonさんがソロ名義でかっとばした大ヒット曲です。彼が初めて全米Top10入りを果たした曲でもあります。

彼には、以前このブログでも取り上げた、Roberta Flackさんとのデュエットによる名曲 ”Tonight, I Celebrate My Love”を初め、Celine Dionさんとのデュエット曲”Beauty And The Beast”、Regine Belleさんとデュエットして、全米No.1を獲得した大ヒットナンバー ”A Whole New World”など、多数のデュエットによるヒット曲があります。でも、彼が全米Top40入りさせたヒット曲でソロ名義なのは、この曲だけなんです。ちょっと意外ですよね。

しかし、彼の声は実に良いですよね。低音もしっかりしているのですが、高音部のつややかな伸びがまた良しです。聴いていてほれぼれしてしまいます。

そんな彼のボーカルの良さを引き出しているのは、なんと言ってもMichael Masserさんの手によるメロディですよね。上記 ”Tonight, I Celebrate My Love”もMichaelさんの作品なのですが、このようなロマンチックなメロディを書かせたら彼の右にでるものはいないのではないでしょうか? (他にも多数の名曲があります)

Michaelさんは、まさに1980年代を代表するメロディメーカーだと思います。
名曲だと思います!



nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の1曲:Missing by Everything but the Girl [音楽]

4593.jpg

1996年全米Top40最高位2位

いやーー、良い曲ですねーーー!

この曲は、UK出身 ネオ・アコースティックサウンドの代表選手、Everything but the Girlが1996年にかっ飛ばした大ヒット曲です。
小生、彼らのことは2人がソロで活動していた時代からのファンでして、1984年にリリースされたデビューアルバムEden”は、今でも最高傑作だと思っています。なので、1996年にこの曲がいきなり全米で大ヒットしたときは、嬉しさ反面、なんで今頃?という印象を持っていました。
Mariah Carey & Boyz II Menさんの超ビッグヒット”One Sweet Day”さえ無かったら、全米制覇は間違いなかったと思います。

名曲だと思います!





彼らの最高傑作 "Eden" (Released in 1984)

RIMG0265.JPG RIMG0266.JPG


"Each And Everyone" from the LP "Eden"





"Fascination" from the LP "Eden"



nice!(10)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の1曲:Got To Be Real by Cheryl Lynn [音楽]

66867.jpg

1979年全米Top40最高位12位

この曲は、最近ペプシのCMで倖田來未さんがカバーしていることで、ふたたび注目を集めていますよね。倖田さんバージョンもなかなか良い味を出しているのですが、洋楽大好きおじさんとしては、やはりオリジナルバージョンに軍配を上げたいと思います。
久々に聴きましたが、いやーーー、やっぱり良い曲ですねーーー!
思わず腰が動いてしまいます。

バックの演奏は、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったTOTOが務めたことでも話題になりましたよね。かっちりした演奏を聴くと、やっぱりTOTOなんだなーーって実感します。

尚、YouTubeを探していたところ、なんとMariah CareyさんとPatti LaBelleさんがデュエットでこの曲を歌っているVideoがありました。なので、これも下にリンクしておきました。
MariahとPatti姉さんのド迫力シャウト合戦がなかなか凄いです。ぜひ、ご賞味あれ。

"Got To Be Real" by Cheryl Lynn




"Got To Be Real " by Mariah Carey and Patti LaBelle


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の1曲:Friday I'm in Love by The Cure [音楽]

cure.jpg

1992年全米Top40最高位18位

今日は朝から雨で、憂鬱な気分だったのですが、家の近くにあるIKEA港北まで買い物に行きました。その道すがら、カーステレオからこの曲のイントロが流れた瞬間、なんか景色が一気に明るく変わりました!
このきらめくような、なんとも言えないギターの音色が気持ち良いんですよねーーー。
この曲を久々に聴きましたが、良い曲ですねーーー。元気がでます!

Human Leagueさんとか、英国出身のNew Wave系のバンドは、リードボーカルの方が化粧をしているバンドが多いのですが、曲が最高なのでルックスなんか関係ありません。
名曲だと思います!


タグ:洋楽 The Cure
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。